窓を効率よく掃除するなら外側から行う

窓を効率よく掃除したいなら外側から行います。それは外側のほうが汚れているからです。内側の汚れが見えます。

窓を効率よく掃除するなら外側から行う

窓を効率よく掃除するなら外側から行う 家の外と内があります。どちらのほうが掃除をする機会は多いでしょうか。やはり実際に住んでいる内側の方が多いように思います。沢山掃除をしていますから、見た目にはきれいになっているでしょう。実際は汚れからすると断然外の方が汚れています。いろいろなものが飛んできますし、雨風などが吹き付けます。雨は水のように見えますが、チリなどを含んでいるのでそのままでは飲まないようにしたほうがいいとされます。結構黒ずんでいることもあります。

窓を掃除するとき、きれいに掃除したいなら内と外でどちらから行ったほうがいいでしょうか。この時簡単にしたいと考えています。何度も内をしたり、外にしたりとしたくないのです。その方法としては、外側から行うことです。掃除をする頻度としては内側の方が多いですが、汚れ方は外側のほうが汚れています。まず外側をきれいにすることによって、内側がどれくらい汚れているかがわかります。しかし、内側を掃除しても、内側の汚れがとれたかどうかわかりません。

内側から始めてしまうと、中途半端に内側を掃除し、その後に外側、そこで内側の掃除の腰を発見してまた内側の掃除が必要になるのです。多くの窓があるときは効率的に行わないと終わらないこともあります。